国沢光宏のホットコラム

Vol.64 イザという時のETC基礎講座

高速道路の1000円乗り放題についてはネットでも大いに話題になっており、読者諸兄もすでに御存知だろう。そこで今回は違った切り口のETC情報をお届けしたい。イザという時に役立つと思う。


ETC車載器の稼働確認

ETC/一般ゲート

ETC車載器を取り付けた後、業者は電波のテストをすることになっている。しかしキチンと稼働しているかどうか不安。もし利用する料金所に『ETC/一般』 (通行量の多い料金所ならこういった表示のレーンがあります) と表示されているレーンがあれば、最初はこのレーンを使えば安心。万一稼働しなくても、後続車に迷惑を掛けずに済む。



ゲートが開かなかった

ETCカードをセットしたら、グリーンランプ点灯を確認しましょう

ETCカードの入れ忘れはもちろん、キチンと挿入されていてもゲートが開かない場合だってある (私もすでに3回あります)。そんな時は後続車を確認しながらハザードランプを点け、穏やかに停車。待っていると係員が来ます。
2輪車は安全確保 (追突されると危険) のため、そのまま通過するよう高速道路会社がアナウンスしている。
高速道路を降りた後、高速道路会社に電話。通過時間&料金所を申告すると、先方に記録が残っているので課金される。


ETCゲートが利用不可能だった

先行車のトラブルなどでETCゲートが閉鎖になっているような時は、辛抱強く待つしかない。一般ゲートに行くと割引等を受けられなくなるので注意。
工事などでETCゲートが閉鎖になっている時は、一般ゲートを使い出口で申告すればいい。


領収書 (利用証明書)

SAやPAにあるプリンターで打ち出せます


SAやPAなどに設置されている端末機にETCカードを差し込むと、料金が表示されている利用証明書を印字可能。また、入口でETCレーンを通過すれば、高速を下りるときに有人ゲートを使っても、ETCカードで清算するとETC割引も受けられ、利用証明書を貰えます。
帰宅後に利用証明書がほしいなら、『ETC利用照会サービス』サイトへアクセス。利用年月日と車両番号、ETCカード番号を入力するだけでOK。簡単に印刷出来る (走行後62日間有効)。レンタカーや他人名義のクルマであっても利用証明書が印刷出来るので便利。


ETC車載器付きの中古車を買った

ナンバーなどが変わったらETC車載器の再セットアップを行わなければならない (ETC車載器を扱っている業者なら受け付けてくれます)。ただ昨今のETC人気で業者も多忙。やむを得ず再セットアップが完了していなくてもETCの使用は可能。ただし早い次期に再セットアップすることを推奨しておく。

その他、不明な点があれば『NEXCOお客さまセンター』 (ネットの検索で入れれば出てきます) に問い合わせて欲しい。丁寧に教えてくれます。