国沢光宏のホットコラム

Vol.166 東京オートサロン2018


 年初に開催された東京オートサロン2018の入場者数は、会期3日間で31万9千人と発表された。昨秋の東京モーターショー、2年に1度しか開催されないのに10日間で77万1千人。人気度からすれば圧倒したように思う。入場者数の低下に歯止めが掛からない東京モーターショーと、どう違うのだろうか?

 まず観客の層だけれど、東京モーターショーと全く変わらない。黎明期のオートサロンは改造車主体だったものの、今や自動車メーカーのブースが大人気。タイヤやメーカー系のパーツを扱っている部門、大手のアフターパーツメーカーも賑わっていた。家族やカップルで見に来ている人達が多い。

 ということで、オートサロンにやってくる観客は改造車を見に来ているのでなく、出展されている内容に魅力を感じていると考える。例えばトヨタのブース。東京モーターショーだと、テーマは環境や安全で、携帯端末の自動車版のようなイメージ。クルマ本来の楽しさを追求していないような印象。

 クルマを「趣味の対象」としているのでなく「移動の道具」として捉えているのだった。いくら楽しい演出をしても、やはりクルマの魅力と携帯端末の魅力は違うと思う。「繋がるクルマ」と言われたって、スマートフォンを持っていれば、それで足りる。自動運転もクルマ嫌いの考えること。


 オートサロンのトヨタブースに行くと、クルマ本来の魅力”しか”打ち出していない。今回、市販すれば8千万円とも1億円を超えるんじゃないかとも言われるスーパーカーを出展してきた。世界初公開である。このクルマを東京モーターショーでなく、オートサロンで発表したことだけで「なるほど!」。

 出展している車両も、全てスポーツモデルや、合法的なドレスアップカー。いずれも見ているだけでワクワクする。さらに演出も派手。マッチョなお兄さんとダンサーがステージで存在感を出しまくるなど、規制が厳しい東京モーターショーなら全く受け入れられない内容。

 ダイハツやスズキも、様々なドレスアップカーを並べ、圧倒的に薄着のコスチューム着た魅力的な女性を揃えていた。オートサロンに行くと「しかめっ面」などなく、みなさん笑顔。やはりクルマは楽しいモノだと思い出す。

 オートサロンの魅力は外国へも伝わっているらしく、取材に訪れる海外メディアの数も多い。ちなみに2月10日~12日は関西で最も人気のあるイベント『大阪オートメッセ』(主催はオートサロンと別。2017年の入場者数22万4千人)が開催される。行けばきっとクルマの楽しさを思い出させてくれるだろう。