採用情報

社員の声

経験がなくてもチャンスは与えられる。いつか自分のアイデアから新商品を。

少数精鋭の会社やりがいのある仕事に就けそうな予感がありました少数精鋭の会社やりがいのある仕事に就けそうな予感がありました

実家が農家でいろいろな機械を使いますがそのメンテナンスでKUREの製品をずっと見てきました。私も家にあるので当然のように使っていました。ですが、なぜいつもKUREなんだろうと不思議に感じたのです。仕事の道具の整備に迷わず使い続けられる製品を扱う会社。それが呉工業に興味を持ったきっかけでした。
製品やテレビCMを目にする機会も多く、KUREの名がよく知られていることはわかっていました。店頭などではKUREブランドがずらっと並んでいるのを目にします。家では使っていないものもありますし、他にないような機能を持った製品もあります。ですから、私はかなり大きな会社をイメージしていたのです。ところが、会社案内によれば社員は70名たらず。その人数で、たくさんの人が当然のように使い続ける製品を全国に届けている。
知名度と社員数のギャップ、そしてパワーにびっくりしました。まさに少数精鋭。就活中だった私はそこに強く惹かれました。

商品部に在籍ブランドに対する安心感と信頼感を守ります商品部に在籍ブランドに対する安心感と信頼感を守ります

現在は商品部に在籍しています。なぜKURE製品は長く使い続けられているのだろう、というのが入社のきっかけでしたが、商品部で日々の業務をこなすうちにその答えがわかってきました。
使われ続けているのは、KUREなら安心だから。品質が良くて、求める性能や効果をいつも得られる。そうしたブランドに対する信頼感や安心感があるから、実家でも迷わずKURE製品を使い続けていたのですね。
商品部の仕事はより良い商品を世の中に届けること、そしてそのブランド力を商品管理を通して守り高めること。安心と信頼の要、と私は理解しています。呉工業の根幹を支える部署の一つといえるかもしれません。
あらゆる製品について、さまざまな検査や試験を繰り返し、品質、性能、安全性などを調べています。コツコツと地道な作業も多いですが、すべては信頼や期待を裏切らないため。新人といえども担う責任は重いですし、仕事も忙しいですが、KUREの品質を支えている、という自負もあって、やりがいも大きいです。

実務は細心の注意を払って早く一人前になれるよう貪欲な日々を過ごしています実務は細心の注意を払って早く一人前になれるよう貪欲な日々を過ごしています

実務ではさまざまな検査機器を扱うことが多く、先輩方に助言を仰ぎながら、ミスをしないよう細心の注意を払って作業しています。操作に慣れていなくて戸惑うことも多いのですが、そんな時に話しやすい職場環境は心強いですね。上司や先輩方が穏やかな方ばかりで、尋ねれば親切に教えてくださいます。普段のさりげない注意や、行き詰まった時のアドバイスなども本当にありがたいです。見守られ育てられている実感があって、安心して仕事に取り組めています。穏やかな中に妥協のない強い意思を感じて、背筋の伸びる思いをすることもたびたびです。
今はまだ任された作業をこなすのに精一杯です。周りの方からのサポートがなくても作業が進められ、積極的に業務に関わっていける、一人前の戦力に早くなりたい。見るもの聞くことをスポンジのごとく全部吸収しようと、毎日を貪欲に過ごしています。

製品開発にも携われる1年目ならではの感覚を大切に会議に臨みます製品開発にも携われる1年目ならではの感覚を大切に会議に臨みます

1年目ですが、重要な会議に出席する機会もあり、発言を求められるのも嬉しいです。1年目ならではの感覚を大切にした、自分なりの意見を述べるよう意識しています。見当外れな提案や突飛なアイデアでも受け止めてくださるし、面白ければ取り上げられることもあります。新人だからといって萎縮することなく意見が言えるので、とても前向きになれます。先輩方の意見や発言で知らない世界が見えてきたり、新しく学ぶことも多いですね。
会議に限らず、いろいろな意見をどんどん取り入れて、より良い製品に活かしていこう、という会社の姿勢を肌で感じています。
将来の願いは、自分が発案した製品を世に送り出すこと。その製品が店頭に並んでいるところを見たらどんなに感激することか。想像するだけでワクワクしてくる未来を描かせてくれるのも、呉工業という会社の持つパワーなのだと思います。

PAGE TOP