採用情報

新卒採用

社員の声

マーケティング部 佐藤 崇晶 2012年入社

早い段階から自分の意見が言える会社。若い時からいろいろな仕事を任され、経験も積み重ねられる。

広範囲の仕事に触れられる、忙しいけれどおもしろい部署にいます。

入社して最初の2年が商品部、その後マーケティング部に配属されました。
弊社のマーケティング部は、関わる仕事の領域が非常に広い部署です。広告宣伝、販促、商品開発、マーケットリサーチ、イベント参加など、あげていたらきりがありません。ブランディングに関わる領域全てが守備範囲といったところでしょうか。他の企業であれば細かく分かれている部署が一つになっているようなもの、と考えれば理解しやすいかもしれませんね。営業部や商品部など他の部署からの要望や提案を具体的なカタチにする、という案件もたくさんあります。他社と連携する機会も多く、広範囲の仕事に触れられる、忙しいけれどおもしろい部署です。
エンドユーザーと積極的に接点を持つ、という方針があって、マーケティング部主導のイベント参加も増えてきました。そんな時は、ブラックボディにKUREのロゴが際立つキャラバンカーを使いますが、見かけて手を振ってくださる方もいらっしゃいます。やっぱりKUREの認知度は高いですね。社員としてはとても嬉しいです。

携わった仕事がカタチになるので、
なんともいえない嬉しさや達成感があります。

マーケティング部の仕事量は多いですが、TVCMや販促物など、自分が携わった仕事がしっかりとカタチになる案件が多いので、なんともいえない嬉しさや達成感があります。
広告や販促キャンペーンなどには、正解というものがありません。それは、自分の考えで進められるということでもあるので、プレッシャーや不安はありますが、やりがいも大きいですね。
商品部から移って間もない頃は、打ち合わせに参加していても、その場で出てくる専門用語がわからなくて。一つ一つ拾い出して、後で調べて自分のものに吸収する、ということを続けていました。
よくいわれることですが、学ぶべきことは学生時代よりも圧倒的に多いですね。専門用語や市場のトレンドだけでなく、なんでも貪欲に吸収しないとついていけない。大変ですが、刺激もありますし、非常に魅力的な仕事です。

重要なのはスピード感を持って動くこと。
風通しのいい社風が後押ししてくれます。

仕事をする上で心がけているのは、初動を早くする、ということです。社長からも、まず動きなさい、といわれています。ただ、マーケティング部は色々な部署と連携して活動するので、闇雲に動いては迷惑になるだけです。そうしたことを避けるためにも、できるだけ早くプランの全体像を描いて、目標とするゴールを決め、それからどう動けばいいのかを判断するよう意識しています。いったん決めたプランでも、ゴールに向かう過程で流動的に変化していくものなので、動きながら考えることも大切ですね。
社内のいろいろな部署や外部の方々にお願いすることが多い部署ですから、社員同士が近くて、お互いに顔と名前を知っている弊社のような環境はとてもありがたいです。誰が何を担当しているのかがわかっているので、直接お尋ねすることもよくあります。大企業にはない家族的な雰囲気も、スピード感のある動きを後押ししてくれていると思います。

質の高いアイデアで、感性を刺激する、
エッジの効いた鋭い仕事ができたらいい。

これまでもKUREの広告はクリエイティブの質が高いと評価されてきました。この伝統を受け継いで、TVCMなり広告なり、ネットや世間で話題になるような何かを創ってみたいです。お金をかけた大きな仕事というよりも、アイデアを突き詰めた、エッジの効いたもの。それがネット世代に受け入れられ、共有されれば最高ですよね。
KUREという会社では、入社した早い段階から自分の意見が言えますし、そうすることが推奨されます。そして、その意見が良いものであれば、採用し評価してくれます。そういう土壌と人が揃っているから、若い時からいろいろな仕事を任せてもらえて、経験も積み重ねられる。自分の力を発揮したいと思っている人には絶好の会社だと思います。

社員の声Indexに戻る