採用情報

新卒採用

社員の声

営業部業務課 梶野 佳奈子 2012年入社

女性が快適に働ける会社だと実感。私も先輩たちのように長く勤めたいと願っています。

仕事はシビアにていねいに。恵まれた環境で、働くのが楽しい。

新卒で入社、営業部業務課に配属されています。法人のお客様からの受注業務がメインですが、代表電話の対応も私の仕事の一つです。ご用件をお伺いし、適切な部署や担当者に取り次ぐのですが、最初は緊張してしまって、聴き取りも満足にできないほどでした。誰がどんな仕事をしているのか、他の人の業務内容を把握していなければなりませんし。先輩方のフォローがあって、なんとかこなせていたというところです。最近ようやく慣れてきたのか、落ち着いて応対できるようになったかな、と感じています。弊社にお電話くださった方に最初に応対するわけですから、それを考えるとまた緊張してしまいますが。
業務課は、年末年始や連休明けはかなり忙しくなります。そんな時でも、一つ一つの作業を慎重に、ていねいに処理する、それを念頭に業務に当たっています。
なかなかできない面もあるのですが、仕事で心がけているのは、周りをよく見るようにすること。一人ひとりの作業はそれぞれ違っても、基本はチームプレーです。自分の業務だけやっていればいい、というのではなくて、いまそこで何が必要か、自分は何をするべきか。言われて動くのではなく、自分で考えて行動するように意識しています。
事業規模の割に社員数が少ない呉工業ですので、一人がやるべき仕事は多いです。業務に関してプロフェッショナルでなければなりませんし、責任も重いですね。とはいえ、現在の業務課は全員が女性なのでチームワークがよく、毎日が楽しい。忙しくてシビアな面もありますが、恵まれた職場で働いています。

入社2年目が転換期。一連の作業を一人でこなせるようになった。

新卒入社だったこともあるのかもしれませんが、私はけっこう手間のかかる社員だったと思います。仕事の経験といえば、飲食業関係のアルバイト程度。呉工業のようなメーカー企業の実務がなかなか身につかなくて、同じことを何度も尋ねていたのです。でも、先輩方も上司もいつでも気軽に教えてくださって。皆さんにずいぶん助けられました。こうしろ、ああしろと上から押し付けるのではなく、その人の個性を尊重して、自立や成長を信じて見守る、という雰囲気も私には心強い限りでした。
私が入社した翌年に、いろいろ教えてくださった先輩が退社されました。それがちょうど入社2年目と重なって、仕事に対する意識の転換期になったと思います。受注から納品書発行までの一連の作業が一人でできるようになった時には、ちょっとした達成感がありました。同時に、仕事量が増えて責任も重くなったのですが、それも成長した証ということで、嬉しかったですね。

女性が長く働ける会社。しっかり遊べるオフも仕事の励みに。

呉工業は、社長が女性ということもあると思うのですが、女性に理解があって働きやすい会社です。実際とても居心地が良いですし、キャリアを積んでいる多くの先輩同様、私も長く勤め続けたいと考えています。
残業は滅多になく、ほぼ定時退社。会社がおしゃれな中目黒にあり、恵比寿や渋谷、六本木などに出るのもすぐ。羨ましがられる環境で、プライベートもいろいろ楽しんでいます。休暇も取りやすく、オフの予定が立てやすいですね。オフが充実していると、明日も仕事がんばろうって思えます。オンとオフがきっちり分けられる、というのはとても幸せなことだと実感しています。
学生時代とは違い、会社には様々な年齢の方が在籍されています。戸惑いもありましたが、気を使ってくださっていたのか、最初から皆さんフレンドリーでした。いまも役員の方が気さくに話しかけてくださって、こちらがびっくりしてしまうこともしょっちゅうです。社長主催の気軽な女子会もありますし、社長以下全社員の距離が近くてフランクなのも、長い間に培われてきた社風でしょうか。そうしたことすべてが、女性が働きやすい環境を生んでいるような気がします。
業務課では入社して以来私が一番年下。そろそろ後輩が入ってくれると嬉しいですね。

社員の声Indexに戻る