KURE5-56ヒストリー

信頼のブランド。KURE 5-56。

KURE 5-56の日本登場は1962年。

呉工業が「KURE 5-56」を日本に導入したのは1962年10月のことでした。
この数年前から日本の自動車メーカーは相次いで新車を発表し、日本のモータリゼーションの波が動きだした時期です。
ちなみに呉工業の創立は「KURE 5-56」発売の2年前、1960年でした。

プロがまず飛びついた。

発売当時、防錆と潤滑作業がスプレーするだけでできてしまう「KURE 5-56」の性能は、機械類の整備・保守作業に追われていた人たちにとって、夢のようなものだったのです。
そのため、実際に使用したメカニックたちのほとんどがその性能に驚嘆し、すぐさま現場で使い始めました。プロから圧倒的に支持された「KURE 5-56」の名は瞬く間に知れ渡り、防錆・潤滑剤の代名詞となったのです。

一般家庭にも浸透。

一度使えばすぐにわかる性能と品質の高さ、そしてさまざまな用途に使える使い勝手の良さは、たとえば、ドアの動きをスムーズにしたり、自転車のサビをキレイにしたり、といった一般家庭でのちょっとした不具合の改善にも大活躍。エンジニアリングの世界で確固たる評価を得た「KURE 5-56」は、一般家庭にも支持されるようになりました。
また脱フロン化、脱トリクロロエタン化にもいち早く対処。
発売以来50年以上たった今も、多くの方々に支持されています。

防錆・潤滑剤の代名詞 「5-56」。意外なその名の由来。

防錆・潤滑剤というものを知らなくても、サビを防いで動きを良くするスプレーとして「KURE 5-56」の名は、多くの方々に知っていただけるようになりました。でも、この名前はどのように付けられたんだろう?と素朴な疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?
実は、「5-56」を開発したCRC社の創立時の所在地にちなんだものなのです。この住所の数字が1-16だったことから、最初の製品を「1-16」と名付けました。以下、2番目は「2-26」、3番目を「3-36」、そして、5番目に誕生したので「5-56」となったわけです。