製品情報

整備用ケミカル

フォーミングエンジンクリーナー

製品概要

フォーミングエンジンクリーナー

エンジンルームの油汚れを簡単に落とすフォーミングタイプの洗浄剤

用途
●四輪自動車のエンジン外壁およびエンジンルーム内の洗浄。
製品番号
E-1027-98A

製品説明

●泡状の洗浄剤が、汚れを浮き上がらせ、簡単に水で洗い流すことができます。
●手の入りにくい部分の頑固な油汚れやグリース、ホコリなどを簡単に洗浄します。
●電気・電子パーツにカバーをするだけで簡単に作業ができます。
成分:界面活性剤、脂肪族炭化水素
内容量:420ml
製品サイズ:200×Φ66(mm)
製品重量:500g
消防法分類:第2石油類(水溶性)、危険等級Ⅲ

メンテナンス方法

エンジンルームの汚れを簡単にクリーニングできる専用クリーナー。泡状の洗浄剤がエンジンや周辺パーツの目に見える部分はもちろん、手が入りにくい隙間にも入り込み頑固な油汚れやグリースを分解して浮き上がらせます。後は水で洗い流すだけでOKです。

(左)作業前は全体にホコリが積もって薄汚れていたエンジンルームも、(右)クリーニング終了後は本来の輝きを取り戻します。

使い方はこんなに簡単! 基本はスプレー、水洗い、乾燥の3工程でOK!

クリーニングに使う製品は「フォーミングエンジンクリーナー」だけ。あとはカバー用のビニール袋とテープ、細身のブラシ、ウエスがあれば準備完了です。バッテリーやオルタネーターなどの電装系パーツやエアクリーナーなど、水をかけてはいけない部分はあらかじめ保護しておきましょう。この点さえしっかり守れば、あとはフォーミングエンジンクリーナーをスプレーし、浮き上がってきた汚れを水で洗い流すだけでOKです。最後にエンジンルーム全体を乾燥させれば作業は終了です。

1.水に弱い部分をカバーする

電装系の要、バッテリーは大きめのビニール袋で上から全体を包むようにカバーしましょう。

オルタネーター(発電機)にも、水がかからないようにしましょう。

プラグに電力を供給するディストリビューターも水を嫌うため、確実にラッピングしましょう。

エアクリーナーの吸気口に水が入ると不調の原因になるので、しっかりカバーしておきましょう。

2.全体にスプレーする

カバーが終わったら、エンジンルーム内にまんべんなくスプレーしましょう。5~10分ほどで汚れが全体に浮き上がってきます。

3.頑固な汚れをブラッシング

汚れがひどい部分をブラッシングしましょう。スチールブラシは金属パーツにキズを付けるので、ナイロン毛のブラシを使いましょう。歯ブラシでもOK。

4.水で洗い流す

汚れが浮き上がってきたら水で洗い流しましょう。ホースの先をつまむなどして、やや水圧を高めるときれいに洗い流せます。カバー部分に水がかからないように注意しましょう。

5.水滴をウエスで拭き取る

ヘッドカバーなど目立つ部分の水滴をウエスで拭き取っておきましょう。

6.乾燥させる

ボンネットを開けたまま、カバーを取って5分ほどアイドリングさせ、細部に残った水分を乾燥させます。
ご購入はこちら