国沢光宏のホットコラム

Vol.82 パリモーターショー2010 ~今後のエコカーは?~

 今年は東京モーターショー/フランクフルトショーのない年なので、パリサロンが最大規模のモーターショーになります。果たして注目すべき技術や 新型車なども多数登場しただろうか?結論から書いてしまうとどうやら「階段の踊り場」になってしまっているようですね。分析しよう。

トヨタの5リッターハイブリッドを搭載するロータス・エリート
トヨタの5リッターハイブリッドを
搭載するロータス・エリート

 まずモーターショーの華であるスポーツカー。ガソリンエンジンに負けない性能を持つハイブリッド車を、老舗スポーツカーメーカーが多数出展していた。ロータスはトヨタのシステムを採用した5リッターV8エンジンのハイブリッド車を発表。ジャガーやアウディなどもハイブリッド車に注力してます。

 高級レストランのように「付加価値を付けたクルマで効率的な利幅を上げる」というビジネススタイルを続けてきたヨーロッパの高級車メーカーの場合、環境を重視したコンパクトカーを造っても十分な利益を上げることが出来ないため、どうしても高性能路線を突っ走らなければならない。


日本では来春発売予定のレクサスCT200h 

 冷静に考えれば2千万円のクルマを買えるならガソリンが1リッターあたり300円になっても気にならないのでは? と思う。そういった点からすればお金持ちの文化の”徒花(あだばな)”と言えるかもしれません。普通の人にとって「高性能スポーツカー」=「憧れの存在」でなくなりつつあるようだ。

 会場を訪れる普通のフランス人も同じ印象を持つらしく、むしろ来年から始まる新しいカテゴリーのWRC競技車両の方が人気を集めていた。実際、来シーズンからのWRCは、フィットやヴィッツ級のクルマをベースとしている。やはり誰でも気軽に買えるクルマに興味を持つのだろう。

 新しい技術に期待したけれど残念ながらなし。昨年のフランクフルトで多数のECOカーを出展させてきたVWグループすら、パリサロンはこれといった技術展示をしていない。ルノーやシトロエン、プジョーといった地元フランス勢からも大きなニュースになるような技術なし。


来シーズンからデビューするミニのラリー車

 強いて言えば『ツインエア』と呼ばれるフィアットの燃費追求型900cc2気筒エンジンのみ注目されていた。ちなみに軽量かつコンパクトな2気筒エンジンは日本の自動車メーカーも次世代ECOカー用として開発中。会場に展示されていた2気筒エンジンを入念にチェックしている人も多かったという。

 気になる日本勢はどうか? 積極的だったのがトヨタ。次期型ラクティスの最終試作モデルを発表したり、プリウスの基本システムを使う『レクサスCT200h』の実車を展示したりと元気。ホンダは日本に先駆けてフィット・ハイブリッドを出展したものの、あまり注目されなかったようだ。

 日本の自動車メーカーに聞くと「最近ヨーロッパ市場は苦戦しています」。F1やWRCといったモータースポーツから撤退したためイメージ的に薄くなり、さらに折からの円高によって車両価格も安く出来ず。ここ数年は堪え忍ぶしかないのだという。「攻め!」に転じるのは2012年か?